まつや織 小山憲市

小山憲市

まつや織 小山憲市

小山さんの言葉はいつも心に響きます。

『「糸づかいにはこだわりたい」と小山さんは言う。
「どんなにファッション性が高くても心地良くないものはタンスの肥やしになり、 着心地が良いものを身につければ人は笑顔になれる。 着心地を左右するのは糸の種類、組合せ、密度、配列…つまり糸づかいが重要なんです」と。

「かなり凝ったこともあった」という色柄に対する考え方は、「できるだけシンプルに。主役は着物ではなく着る人。 その人の良さを引き出すためには着物が勝ってはいけない」と変化を遂げた。

まつや織 小山憲市

年に数回は全国各地のギャラリーで個展を開催。
目の肥えた人々に注目される緊張感はあるが、着手の発想にじかに触れるのは楽しく、得るものも多いという。

「とにかくいいものをつくりたい。生涯かけてレベルを追究するだけ、一生勉強です」。
穏やかな語り口に、堅い決意が滲み出る。』

人柄が織そのものにも表れている小山さんの反物。
カッコ良くも、色っぽくも、自由自在に変えてくれる絶品です。

桝蔵順彦作、着物
桝蔵順彦作、反物