手織の袋帯

残すところ、土日の二日間だけとなりました

「捨松の帯」展

八寸名古屋はカジュアルなお洒落着、いわゆる趣味の装いに。

九寸名古屋は紬の街着、江戸小紋、色無地などでお茶会にも。

そして、手織の袋帯は風合いが独特で

見た目で一瞬「夏物?」と思う様な軽やかさと、

紬地を思わせるザックリ感がこなれた雰囲気です。

訪問着から紬まで、様々に合わせられ、

時期も真夏以外に締めていただけます。

 

葡萄唐草柄の帯を三枚の着物に合わせてみました。

真綿系の紬に合わせれば、少し民芸の雰囲気も。

 

お召しに合わせれば、一気にクラス感が上がります。

 

こちらは薄物の暈し小紋に合わせて。

優しい雰囲気に個性が生まれ、単衣の季節の着こなしに。

 

先日の「きもの一枚、帯三本」をテーマにした講座でも

「捨松の帯は反対に帯一本が三枚どころじゃなくて、様々に合っちゃいますね!」と

盛り上がった次第です。

 

どうぞ、お気に入りの一本に出逢ってください。

記事カテゴリー