単衣の季節からの夏大島紬

様々な着物雑誌などで

普段着やお洒落着なら5月から単衣で〜という

特集が組まれる様になりました。

 

本当に暖かくなるのが早かった昨年などは

4月の一週目で最高気温が夏日を記録し、

5月には30℃に届く様な日も有りました。

そんな日は透けない生地の単衣では、

ちょっと暑すぎてつらいですよね。

 

かと言って絽や紗では、如何にも「盛夏」という風体で、

なんとは無しに周囲から浮いていないか…と、落ち着きません。

 

そこでオススメなのが透けすぎない夏紬

亀甲が清々しいこちらの「夏大島」は透かして見れば、なるほどの透け感ですが、

置いて見れば、わかりやすい透け感が無く、

下に縦絽の襦袢を合わせれば、

5月の暑い日にお召しになっても違和感が有りません。

 

この他にも爽やかな色合いの、透けにくい夏大島も。

「紬のふくはら」さんならではの、

節糸を織り込んだり組織に工夫を凝らした

他には無い「大島紬」が他にも色々とございます。

この度の「はおる大島紬」は今週末の3月31日(日)までです。

浜町緑道の桜並木も満開を迎える事と思います。

どうぞ、春爛漫の浜町〜人形町を満喫ください。

 

そうそう、毎年人気の洗える夏襦袢「爽竹」も

色柄様々に入荷いたしました。

写真の他にもございますので、どうぞ手にとってご覧ください。

お待ちしております。

記事カテゴリー