遊びと礼装の江戸小紋

なにやら小さな模様が染められたこちら。

アップにしてみると・・・

犬に猿、雉、鬼と桃・・・

なんとも可愛らしい桃太郎の江戸小紋。

近寄って、それに気づいた方と

お話しが弾みそうな遊び柄のお洒落着です。

寄席やお芝居を観に行ったり、

菖蒲柄の帯を合わせて、端午の節句にお召しになっても。

 

 

「角通し」「行儀」「鮫小紋」が鱗に配されたこちらは、

遠目にも無地に見え、格の高い三役ですので、

金銀の袋帯を合わせれば礼装にもなりますし、

他ではあまり見ない洒落っ気も有り、

キリリとした博多の名古屋帯など合わせれば

普段着の街着としても。

 

明日は、江紋屋の三田村さんが在店しますので、

色々と楽しいお話を聞いてくださいね。

 

お待ちしております。

記事カテゴリー