永井進・爪掻本綴れ帯 遺作展

企画展で爪掻本綴れ織りの実演をしていただいた永井進さんが

5月11日お亡くなりになりました。

2年に1度の企画展で永井さんに会える事を楽しみにしていたお客様と、私たちスタッフ。

機の組み立て、図案のデザイン、糸の整経、織りを全てご自身でされていた

格好良い職人技を見る事が出来なくなり、残念でなりません。

永井さんの手元には、来年の企画のための帯が何本も織られており

その作品が今、円居に届いております。

今までの企画展では見る事のなかった帯も沢山あります。

多くの皆様に見ていただきたく、

7/1(月)7/2(火)7/4(木)の3日間、永井進展を企画しました。

是非、亡き永井さんの帯を見にいらしてください。

スタッフ一同、心よりお待ち申し上げております。